2012年06月28日

トロッコ列車に乗って。<わたらせ渓谷鉄道と足尾銅山観光>

わたらせ渓谷鉄道のトロッコ列車に乗って
「足尾銅山観光」という銅山跡を見学してきました。

都内からまず栃木県の小山駅を目指しました。
小山駅から両毛線に乗り換え、トロッコ始発の群馬県は桐生駅を目指します。
両毛線乗り換え口と小山の名産・下野人形。
tro_0001.jpg

tro_0002.jpg

両毛線はすれてない感じのかわいい黒髪女子高生(中学生)多かったです。

桐生に到着。こちら「トロッコわっしー号」です。
tro_0004.jpg tro_0005.jpg

トロッコでない普通電車。こちらも渋くて良い。
tro_0003.jpg


トロッコは乗れなかったら困るので事前に予約しておきました。
しかしオフシーズンなのか、だいぶ空いてた。ゆったり乗れてよかったけど。

途中駅にて取材かなんかでわっしー登場。うぉー。
tro_0006.jpg tro_0007.jpg

ふれあいたかったけどチビッコ達に囲まれてたので遠慮しました。
でもわっしー手ふってくれたよ(嬉)

温泉がくっついてる駅もあった!
tro_0008.jpg

美しいわたらせ渓谷を並走しながら進みます。気持ちいい〜。
tro_0010.jpg

トンネルに入ると車内がライトアップ。光るわっしー。
tro_0009.jpg


ムーディだったけどトンネル内がグゴォオオオオオオオーーって
ものすごい音がして耳ふさがずにはいられなかった。
距離は約5kmくらいだったような。

足尾銅山の製錬所の跡地だそうです。ということは「足尾銅山観光」がもうすぐじゃ。
tro_0011.jpg

そして今回の目的地、「足尾銅山観光」がある通洞駅に到着。
トロッコ降りるのは少しさみしい。
tro_0012.jpg

トロッコ車内はとても綺麗だったし、途中の駅では駅員さんが駅弁みたいに
野菜の総菜売りに来たりして(これがまたおいしかった!)退屈せず楽しめました。
わたらせ渓谷鉄道さん力入ってます。

通洞駅で一服して出発。
少し歩くと看板をすぐに発見。
tro_0013.jpg

坑夫人形が出迎えてくれました。
tro_0015.jpg

トロッコ列車。このおじさんの名前は「げんさん」。マスコットキャラクター。
tro_0016.jpg

坑内に到着。気温がぐっと下がって寒い。
tro_0017.jpg

銅山内の坑道総距離は1200kmもあるそうです!凄いなあ。
tro_0018.jpg


当時の鉱山の様子が再現されてるゾーン。
足尾銅山は江戸時代からあったそうです。歴史が長い。
tro_0019.jpg tro_0022.jpg

中には指がもげてたり、髪が半分はがれてたりしてた人形があったので
たまにはメンテナンスしてあげて欲しい。
tro_0020.jpg tro_0021.jpg

昭和時代。
tro_0026.jpg tro_0025.jpg

tro_0023.jpg tro_0027.jpg

坑内に小さな鳥居と賽銭箱があったんで参ったんだけど、
後で財布確認したら10円玉と500円玉間違えて入れてたみたい。
暗くてよく見えんかったわ。。ふとっぱらなことをしてしまった(笑)

最後に「げんさん」プレゼンツのVTRコーナーを見て坑内は終了。
ひととおり見学してみて鉱山作業ってほんと危険だなと思った。
発破とかね。亡くなった方もたくさんいるんだろうね。

そして出口へ。ハハハ。
tro_0031.jpg

この先に土産物屋があって銅食器などが売ってました。
値段も都内で売ってるものより安め。ビールやアイスコーヒーを
銅のコップで飲むととってもおいしいんよね。
しかし閉店間際だったのでじっくり見れずに諦めました。

外に出たら神社が。
tro_0032.jpg

帰りはトロッコでなく渋い普通電車に乗りました。
でボケーッとしてたら、窓の外の林を猿が走ってました。
あーーー来てよかった★

posted by KESHI at 23:48| Comment(0) | trip
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: